タヒチの文化・芸術

タヒチのウクレレ その2 ukulele バンジョー タヒチアンダンス

タヒチ伝道のブログ-ukrr 012
日陰で涼む、タヒチのウクレレ

タヒチ伝道のブログ-ukrr 013
お土産物屋さんで売られているウクレレ
この太鼓も一緒に欲しいな。

タヒチ伝道のブログ-ukrr 014
お土産物屋さんで売られているウクレレ その2
オモチャウクレレと一緒は、辛いなぁ・・・。

タヒチ伝道のブログ-ukrr 015
お土産物屋さんで売られているウクレレ その3
トッウ製のマルケサスらしい手の込んだ作り・・・
ペグが「木」なのは、格好良いけれど、
一曲弾く度にチューニングが要るだろうなぁ・・・。

タヒチ伝道のブログ-ukrr 008
マルケサス展で売っていたウクレレ
ホヌ(亀)ですな。

タヒチ伝道のブログ-ukrr 009
マルケサス展で売っていたウクレレ その2
これくらいの方が弾くのには良さげ。

タヒチ伝道のブログ-ukrr 010
マルケサス展で売っていたウクレレ その3
この木質良いよなー。

タヒチ伝道のブログ-ukrr 016
タヒチアンウクレレ用弦 通称「釣り糸」
フランス製のホヌ(亀)マークの蛍光ライン
です。透明の釣り糸でも音は変わりませんが、
タヒチアンウクレレと言えば、蛍光ライン
なのです。
CD屋さんでも売ってますし、当然釣具屋にも
売ってます。タヒチでウクレレをお買い求めの
際には、忘れずにお買い求め下さい。


| | コメント (0)

タヒチのウクレレ ukulele バンジョー タヒチアンダンス

タヒチ伝道のブログ-ukrr 001
タヒチのウクレレ(ツアモツでくつろぐウクレレ)

 

タヒチ伝道のブログ-ukrr 007

 画像のように、タヒチのウクレレは、8弦ウクレレ
です。ただ、2弦ずつ組になっていて、2弦ずつ

同じチューンをし、弾くときは2弦ずつ抑え、

4弦ウクレレのように弾きます。


 タヒチのウクレレは、ハワイから伝わった4弦

ウクレレが、タヒチで進化?したものですから、
ウクレレその物の歴史については、ハワイの物
を参照下さい。ポルトガルから伝わったのが
あーだかうーだかってヤツです。

 タヒチも最初は、ハワイと同じく4弦のウクレレ

でした。椰子殻(ココブラ作るところ)にベニヤ板

を張って自作していたいました。その後、

船のオールがモチーフと言われる、今の形に

なりました。

弦は当時から、魚釣りに使う釣り糸だったよう

です。


タヒチ伝道のブログ-ukrr 006

サウンドホールは、後ろにあります。


 ハワイ語は解りませんが、
Uku = Utu = ノミ(元々は唇の意味)
lele = rere = 飛ぶ
なので、タヒチ語でも同じですね。

 タヒチでは、通常「ウクレレ」と言った場合、
タヒチアンウクレレを差します。
「バンジョー」ともよく言います。
確かに、バンジョーそのままだよなー。
もしかすると、ルーツはバンジョーかも?
と今でも疑ってますが、タヒチのウクレレも、
チューニングは、ハワイと同じで、ソドミラ(弦
は同じ太さの釣り糸だけれど)なんだけれどね。
タヒチでは、ハワイのウクレレの事を「カマカ」と

言います。


 仕事に行くときは、連れてってました。
ウクレレ持っているだけで、弾けなくても
友達出来るし(見せウクレレ)

 音は、ハワイの物は、「ぽろん。ぽろん」と
いったスローテンポですが、タヒチの場合は、
「カラカラカラカラカラカラカラー」と、高速に

弾く、乾いた高音が売りの音です。
GabilouのFakatere tere のイントロ部分
http://www.youtube.com/watch?v=UqPrfgIUQ5k&feature=related
や、
Tapuariiの、tapao no te here のイントロ部分

http://www.youtube.com/watch?v=OUsQAwTqUis
は、タヒチアンウクレレの良い所が出ています。

ベレミーのヒット曲

http://www.youtube.com/watch?v=jyxxgLqGb7M&feature=related

 

フランス語の歌にも合わせる

http://www.youtube.com/watch?v=_NwAcCx4PvY&feature=related


2CV

http://www.youtube.com/watch?v=Xbo3TSE9uUo&feature=related



さて、入手方法ですが・・・。
タヒチ伝道のブログ-ukrr 005
マルシェ(公共市場)の周りや、ポマレ大通りの
ポリネジー銀行(バンク・ドゥ・ポリネジイ)なんか
の路上で売っていたり(ココは、売り主が路上
パフォーマンスで演奏会していたりする)、

タヒチ伝道のブログ-ukrr 002
マルシェ2階にも売ってます。

タヒチ伝道のブログ-ukrr 003
当然、CD屋さんなんかにも売ってます。

タヒチ伝道のブログ-ukrr 004
ハワイのウクレレぽく作ったのもあります。
でも、サウンドホールは、裏にあります。

 

まだ続きます・・・。

 

 

 

#インデックス
ukulele ukurere ウクレレ バンジョー
チューニング
釣り糸 蛍光ライン
タヒチ語 単語


| | コメント (0)

タヒチ 僕の家の水族館 家の下 お掃除 トイレ 浄化システム その2

タヒチ伝道のブログ-aqua 001

僕の家の水族館2

 「あ、画像が一緒じゃないか?インチキじゃ

ないか?と思われるかも知れません・・・・。

実は、前回は「トイレ」について書こうとしたの

ですが、この画像で目立っているタエアについ

て書いてしまい、本命のお魚について書こうとし

たら・・・時間切れ・・・

と言うより、僕の根気切れで・・・・。(スマンっ)


 さて、今回の主役は、この画像では、タエア君

大活躍で、中層域に逃げているお魚です。

タヒチ語で、Marava(マラヴァ)、日本では

「アイゴ、あいご」と呼ばれるお魚です。

この画像は、夜なので、タエア君も大張り切り

ですが、昼間~夕方ではマラヴァ君が、ゴミの

片付け役です。

アイゴは、日本では磯焼け(岩に付く藻類を食べ

尽くしてしまい、他の魚介類の漁が減る現象)

犯人と言われています。また、藻類を食べる魚

独特の、嫌ぁあ~な匂いのある魚です。

お腹を開くと、沢山のバター状の油があり、

内臓全部がクサイ上に、背びれと胸びれに

微毒を持つ強烈なトゲがあります。

 釣ってから、釣り針を外そうとした瞬間に魚が

はねて、何度も刺されたことがあります。不思議と、

指とか、皮膚の薄い、しかも関節ばかり刺されて、

仕事に支障が出ることもしばしば・・・タヒチでは、

「オシッコ(尿)を掛けると毒消しになる」と言われ

ていて、「昨日、マラヴァに刺されて痛い」というと、

「クスリ要る?」とニヤリと笑われます。

つまり「オシッコかけてやろうか?」のカラカイな

んです(笑い)タヒチでは、この手の下ネタが出来な

いとダメですよー。

 食べてみると、オイシイ魚なんですが、日本では、

この匂いと、トゲがあるので、食べる前のワタを取る

作業がおっくうだったり、ワタを取って、しっかり

洗っても微妙に匂いが残るので、最初から敬遠

たりとあまり食べられてない魚です。

 ウチは父がアイゴの干物が好きで、「他じゃ、

貰ってくれないけれど」と、ウチの父にアイゴを

持ってくれる人が居たので、僕は、たまに干物として

は食べてました。

 タヒチでは、トゲで手を突かないように、背びれと、

胸びれを切り取ってから、塩コショウしてフライパン

でソテーしてから食べるのが多いです。

あと、タヒチでは、骨に付いた身をチューチュー

吸って食べるので、口を突かないようにするのも

あると思います。

火を通すと、コショウも効いて、マラヴァの臭さは

気にならなくなってオイシイく食べることが出来ます。

さすがに、タヒチ島、ツアモツでも生では食べませんが、

オーストラル諸島から来ていたバイト君は、

「僕らの所では、この油のワタがご馳走なんだ」と、

生で食べてました・・・スゲー・・・。ツアモツ人も驚いて

ました。

 僕の水上バンガローの周りには、僕らのゴミ目当て

に沢山住んでいて、バナナを食べた後、皮を海に棄て

ると、ピラニアに襲われるように一瞬にして無くなります。

池の鯉のように親近感もありましたが、特に別の意味で

家の周りのマラヴァは食べませんでした・・・・

 僕の家のトイレですが、海にボットン式でした・・・

もう、お気づきですね?

と言うわけで、マラヴァには、特別な思いがありました。

ので、家の周りのヤツは食べなかったです。

サメ釣りの餌用には釣ってましたが、食べるためには

釣りませんでした。


 高級ホテルの下水システムは、水上バンガローから

下水管を通って陸に運ばれ、陸上もしくは、水中にある

下水処理システムで処理されてます。

 

タヒチ伝道のブログ-mareva 001

画像は、日本の「アイゴ」。

タヒチの画像も有ったのだが・・・。


タヒチ伝道のブログ-neko 003

オマケ画像。タヒチの猫ちゃん。
仕事で行った先で懐かれてしまった。


#
インデックス
タヒチ伝統 料理 食事
タヒチ語 単語
Miti haari Miti hue
Taea mamo
marava
マラヴァ アイゴ あいご

ヤドカリ 赤 紫 赤紫 モーブ
oniani , oniani piropiro
maa tahiti
カルフール マルシェ 公共市場 パペーテ

猫 mino mimi





| | コメント (0)

タヒチ 僕の家の水族館 家の下 お掃除 トイレ 浄化システム

タヒチ伝道のブログ-aqua 001
僕の家の水族館
 ご飯が余っても、海に棄てたら、あっという間
に片付けてくれる。この画像で目立つのは、
小さくて、白黒縞の魚は、Mamo。
赤い尾びれの魚は、タエア。僕は、Mamoは
さすがに食べないのだけれど、中国から働き
に来ていた同僚は、なんと釣って食べてまし
た・・・。
 タエアは、ツアモツ全般の魚に言えるんだけれ
ど、ツアモツ独特の生臭さのある魚で、味はそ
んなに悪くないのだけれど、この匂いがあるの
で、僕は、生で食べるのはパスです。タヒチ式
では、主に茹でて、ミティフエ(コプラに、タマネギ、
ニンニク、塩などを入れて作ったソース。タヒチ
では、パペエテのマルシェや、カルフール等で
も市販されている)や、ミティハッアリ(椰子ミルク
を作るとき、削ったコプラに海水を加えてから、
コプラを漉(こ)して作った椰子ミルク。普通の
椰子ミルクは、何も加えないでそのまま漉すか、
少し水を加えてから漉す。こちらも、カルフール等
でも買えます)で食べてますが、タヒチ島に居ると
きは、ミティフエやミティハッアリを作るのも大変だ
し、お店に買いに行くまでの事はないので、僕は
塩コショウしてフライパンで焼いて食べる時が多
いです。

#インデックス
タヒチ伝統 料理 食事
タヒチ語 単語
Miti haari Miti hue
Taea mamo
ヤドカリ 赤 紫 赤紫 モーブ
oniani , oniani piropiro
maa tahiti
カルフール マルシェ 公共市場 パペーテ




| | コメント (0)

ノニ汁 僕が飲んだノニジュース noni nono

タヒチ伝道のブログ-ノニ汁03
ノニ汁タヒチ産

タヒチ伝道のブログ-ノニ汁02
ノニ汁韓国製?

タヒチ伝道のブログ-ノニ汁01
ノニ汁韓国製?02

 初めて飲んだのは、非タヒチ製だった・・・
でも、タヒチ製飲んでも味は変わらなかった。
と言うか、この三点同じ味でした。
品質は大丈夫だと思います。



| | コメント (0)

世界の独特の楽器を教えてください

 タヒチには、8弦のウクレレがあります。

音はハワイアンのウクレレより高音で、高速に弾きます。タヒチの曲には欠かせません。
V9030170ukurere
http://www.nhk.or.jp/gr/
地球ラジオチャレンジ作品   本編は、ラジオで聴こう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

菜ばしはありますか?

 タヒチは、伝統料理は「手づかみで食べるのが基本」ですが、大皿には取り分け用
のお玉があります。(料理にココナッツミルクを掛けるのにも必要ですから)
最初は、手で直接食べるのには戸惑いましたが、魚料理や、鳥料理で、骨付きの料理
を食べるのには、手で直接食べた方が骨に付いた小さな身とか食べやすいですよ。

http://www.nhk.or.jp/gr/
地球ラジオチャレンジ作品   本編は、ラジオで聴こう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「タヒチが出てくる映画」

 タヒチはフランス領という事もあって、フランスの映画には「タヒチ」が出てくる事がある。

Tendre voyou(邦題不明)と言う映画でタヒチが出てきた。

Jean Becker監督、1965年製作 1時間35

Jean-Paul Belmonde主演(フランスを代表する、三枚目が主の男優。シルベスタスタローン系の戦争ものや、007のパロディものにも出ている)

映画の内容は、Jean-Paul演ずる「ジゴロ」が、ナンパしまくりの、モテまくりで・・・香港映画と、韓国映画を足して二で割ったような内容。

競馬場でナンパした彼女と、その彼女を愛人にしている男 + その男の妻と言う組み合わせでスキーデート中(当然、男の妻にも気に入られる)別の金持ちマダムに気に入られ、「タヒチに行く事になる」。

金持ちマダムに「タヒチに連れて行ってあげる」と言われ、大喜びする主人公。「タヒチ」と言う言葉が出てきたけれど、本当にタヒチに行くとは思っていませんでしたが・・・・30年以上前のタヒチに会えました!

タヒチアンダンスで歓迎を受けたり、ヒナノビールを飲んでいましたが、「タヒチの必然性」と言うのは無かったように思います。

P.S

 今、タヒチでは、「Manatea」と言う、タヒチの真珠を題材にしたドラマをしています。

内容は、Manateaと言う架空の島で、真珠養殖をしている主人公が、真珠大手(真珠の独占をしたいので主人公が邪魔)や、ホテル経営者(主人公の真珠養殖場がホテルの建設予定地にあるため邪魔)に、様々な妨害を受ける・・・と言う内容。

主人公は、襟付きのワイシャツ着て真珠養殖の作業してたりする・・・仕事が終わるとホテルのバーでカクテル飲んだりして・・・昔、マニヒで仕事していた先輩は、食事はホテルの賄い・・・と言う事があったらしいのですが、僕は村から遠い仕事場ばかり。

・・・服装といい僕とは大違い。

洗濯したあと乾きやすいので、アロハシャツ着て作業していたときはあったけれど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タヒチのテレビ番組

 タヒチ語での討論会番組「Mata Ara(RFO Tahiti)で、「タヒチ語」について討論された。

ゲストは、キリスト教系学校のタヒチ語の教師、タヒチアン弁護士、タヒチ大学学長、タヒチ語学修士コースの講師、ツアモツ語学者(本業はMutoi = タヒチローカル警察)

タヒチアン弁護士からは、タヒチの弁護士について、「タヒチには、80人の弁護士が居て、55人がフランス人(つまりタヒチ語が話せない)25人がタヒチアンで、12人が何とかタヒチ語が解る程度で、10人は完全にタヒチ語が話せる」との事でした。

タヒチ語の教師からは、「タヒチ語」と言う呼び方に異論がなされた。

「タヒチ語と言うのは、マオリ語の方言のひとつで、ツアモツ語もあるし、マルケサス語もあるし、ライアテア語等などもあるから」と言うのが理由ですが、他の人たちは、広く普及させるために、「標準語」としての「タヒチ語」と言う呼び方にこだわっていました。

また、「マオリ語」と言った場合には、ポリネシア圏全てを指す意味と、ニュージーランドの「マオリ族」(同じポリネシアですけれど)のみを指す混同の危険があります。

 街角でインタビューもしていましたが、若い人は、パリのRでフランス語を発音できる人(タヒチのフランス語は訛っています)は居ても、タヒチ語では話せていませんでした。

ツアモツ諸島出身の人は話せていましたが。

 ただ、見ていて根本的な事が腑に落ちませんでした。

例えば、タヒチの教師は、フランス本国から来ている人が多く、タヒチ語は全く話せません。

この問題提起しているテレビ局にしても、夕方、若者向けに「フランス語」でドラマ(寸劇)を放送していますが、これを「タヒチ語のセリフにする」、就職試験や、役所の採用試験に「タヒチ語を必修として課す」と言うだけでもかなり違ってくるのではないでしょうか?

外国人滞在者の、滞在許可更新義務に「タヒチ語学習」とするだけでも、外国人向けにタヒチ語学習塾の経営が成り立つかもしれません。

 僕は、最初真珠技術者としてタヒチに来ました。(その後、旅行業の就労許可も追加して取った)仕事の関係上、色々な離島、地域に行ったのですが、タヒチ語は、「隠語」(仲間言葉)として重要で、カタコトでもタヒチ語が使えるかどうかで、仕事場の雰囲気が全く違いました。

また、タヒチで古くから働いていた真珠技術者(諸先輩)が、英語が話せる世代ではなく、覚えやすいタヒチ語を使ったせいもあり、「日本人 = タヒチ語が通じる」と言うイメージもありましたので、日本人と分かると普通にタヒチ語で話しかけられました。

ただ、正規の学習で覚えたわけでは無いので、細かな文法や、熟語には今でも苦労していますので、外国人向けのタヒチ語学習講座があれば、受けてみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世界のアクセサリー大集合

 タヒチは、なんと言っても有名なのは「タヒチ産の黒真珠」です。黒真珠と呼ばれ
ていますが、色は黒だけでなく、赤、青、黄色、紫、緑、ピンク、白・・・と色々な
色があります。また、タヒチはフランス領ですから、町にはフランスの彫金芸術家が
アトリエを構えていて、タヒチで見つけた真珠に、特別の台を細工してもらいアクセ
サリーを作ってもらうことが可能です。

http://www.nhk.or.jp/gr/
地球ラジオチャレンジ作品   本編は、ラジオで聴こう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧