タヒチのその他

タヒチ マルシェ(市場)の日曜朝市に行こう 2

タヒチ伝道のブログ-asa 001
パペーテ・マルシェ 日曜朝市の野菜売り場

 キュウリ、トマト、レタス、キャベツなんかも
買えます。
まずは、レタスをゲット。

でもって・・・

タヒチ伝道のブログ-asa 007
puaa(豚 : 豚ソーセージ、焼き豚)

 ヤケに赤い焼き豚と、甘めの味付けの焼き
ソーセージは絶品です。日曜日の定番料理
の一つです。ここはパニエ(タヒチ編みカゴ)
を売っている大通り側と言うロケーションは
良いのだが、もっと美味しいところが奥側に
店構えをしているので、二番目位の人気店。
ただ、たまに薬草で煮た犬肉を売っていたり
するので、病気とかで精を付けたいときには
要チェックらしいです by タヒチアン

タヒチ伝道のブログ-asa 008
ここも、人気店の一つ。コチラで調達しました。

と言うわけで本日の朝食は、Puaaと、
レタスとフランスパン。そして、
ネスカフェ・インスタント。


#インデックス

タヒチ 朝食

| | コメント (0)

タヒチ マルシェ(市場)の日曜朝市に行こう 

タヒチ伝道のブログ-asa 006
マルシェ(公共市場)の日曜朝市・Papeete

 あいにくの雨だったが、いつも通り盛況だった。

 朝市は、土曜夜から準備を始め、日曜はまだ
暗いうちからマルシェや、その周辺に開かれる。
ホテル・マンダランや、ホテル・ティアレなど、
パペエテ(パペーテ)市内に宿を取ったら、
見に行かない手はない。朝8時頃には店じま
い状態なので、7時くらい迄には見に行った方
が良い。
インターコンチ・タヒチや、ソフィテル・マエヴァ
ビーチでも、ルトラック(タヒチの公共バス)を
利用すれば、十分楽しむことが出来る。

 このため?か、日曜は休みが基本のタヒチ
でも、市場近くのケーキ屋さんは、日曜開店
で、月曜が休みの所もあります。

タヒチ伝道のブログ-asa 004
アリコ・ヴェール(緑インゲン = サヤインゲン)
茹でて、コンビーフと炒めて食べると美味し
いンだよなぁ・・・島に渡ると、良くて冷凍、
普通缶詰なので・・・。缶詰でも十分美味しい
けれどね。


タヒチ伝道のブログ-asa 002
このあたりは、果物とかが多そうだな。

変わった果物でも買ってみるか?

タヒチ伝道のブログ-asa 005
こだわりの果物屋さん

 タヒチでも有名な、農業&エコ学者こだわり
のBio(ビィオ : 有機、無農薬)農業の果物達。
 普通は、一山いくらで売っている果物が、
ここでは、量り売り級に一個一個、大きさ、
品質等で、別の値札が付いていた・・・。

天気が悪くて、暗いから手ぶれしちゃった。
あと、人が多くてカメラがぶれる。
手前は、ドリアン、こだわり・マンゴー、
こだわり・タポロ(タヒチアンライム)等が続く。



| | コメント (0)

タヒチ マルシェ(公共市場)に行こう Papeete

タヒチ伝道のブログ-mrc 001
Papeete(パペーテ)にある、マルシェ(公共市場)

 旅の楽しみの一つに、お土産物屋さん巡りを
したり、その土地々々の、民芸品や食文化に触
れる事がある。マルシェ(公共市場)行くと、その
全てが堪能できる。
 マルシェの一階部分は、主に現地の人も利用
する、お魚屋さんや野菜屋さんが主で、二階部分
はお土産物屋さんとなっている。
一階部分は、現金でしか買い物は出来ないが、
二階部分は、クレジットカードの使えるところも
ある。

タヒチ伝道のブログ-mrc 002
お土産物屋さんや、パニエ(手編み手提げ鞄)、
果物屋さんのあるところ。

手前は・・・
タヒチ伝道のブログ-mrc 003
こーんな感じにパニエを売ってます。
タヒチアンも日常的に使っています。

左奥は・・・
タヒチ伝道のブログ-mrc 006

こーんな感じで、お土産物を売ってます。

タヒチ伝道のブログ-mrc 005
オモチャウクレレもあるよ。

右奥は・・・
タヒチ伝道のブログ-mrc 009
こーんな感じで、果物を売ってます。

タヒチ伝道のブログ-mrc 008
日本じゃ売ってないような魚も売ってます。
日本に行ったら、水族館で会えるお友達です。

建物の中だけではなくて、外にもお店は出て
います。

タヒチ伝道のブログ-mrc 007
やる気の無さそうな、ウクレレ屋さんとかね。


| | コメント (0)

タヒチの景色 南十字星 星座 サザンクロス

タヒチ伝道のブログ-minamijyuji 001

南十字星

 南の島に来たら、南の島でしか見ることの

出来ない星座も楽しみの一つではないだろうか?

普段は、夜空なんか見なくても、タヒチに来る

と、にわか天文ファンとなることだろう。

 タヒチは、空気が綺麗なせいもあるが、無粋

な街灯が乱立してなく、良い意味で夜が暗く、

田舎の僕の実家より星を楽しむ事が出来る。

 僕の実家は、とても田舎で、街灯らしい街

灯は殆ど無く、夜になると、懐中電灯無しには

出歩けたものではないが、見渡すと、どこかに

人工的な明かりが見えている。

この小さな明かり一つでも見えにくくなる星は

沢山あるので、街灯の少ないタヒチの離島では、

「こんなに星があったのか!」と驚く事が出来る。


 僕の実家でも、人工衛星が夜空を走る様子や、

流れ星を見ることが出来ますが、タヒチでは

何倍も発見することが出来ます。

 二人で夕食を終え、ルームサービスで頼ん

だシャンパンでも飲みながら、夜の星座を楽し

むのはどうでしょうか?水上バンガローなら、

これに、心地よい潮風と、波の音も楽しめます。

二人で会話を楽しむのも良いし、タヒチの曲

を聞いたり、この際ウクレレに挑戦するのも

良いかもしれません。


南十字星の見つけ方。

 南十字星は、一番小さな星座です。見つけ

やすい星座の一つですが、パペエテなど、街灯

のあるところでは少し見つけにくくなる事があり

ます。こんな時には、目印となる星を覚えておく

と良いです。タヒチでは、なんと言っても、

「アルファケンタウルス座のアルファ星」

です。この星は、地球から一番近い星で、

4.37光年しか離れておらず、-0.01等星と、三番

目に明るく見える星です。

 この画像では、画面左半分に、明るい星が

斜めに並んで二つ見えると思います。二つの星

のうち左側で下に見える赤い星が、

「アルファケンタウルス座のアルファ星」

になります。もう一つがベータ星で、アルファと、

を結んだ距離を約二倍すると南十字星が発見

できます。

見つけることが出来ましたか?
一応写真は、僕が撮りました。さすがに写メでは
無理でした。

#インデックス
α アルファ β ベータ

Crux

Toliman
タヒチ語 うんちく 単語 辞書 翻訳 名前

名曲

| | コメント (0)

タヒチの仕事場 ツアモツ その2

タヒチ伝道のブログ-fac 004
 今までの仕事場は、Nakeと言って、村から
離れている仕事場に住み込んで、キャンプ
みたいな所ばかりだった。
この仕事場は村にあるので、仕事仲間以外
の人もいるし、お店でお買い物も出来る。
右端に写っている建物が、この前の記事で、
僕に女の子の口説き方を教えてくれた社長さん
ちの仕事場。この写真は、あの記事の前に
来た時の物。あの時は、この島の仕事を
終えて、船でFakaravaに渡りました。

タヒチ伝道のブログ-fac 005
魚を捕るための梁(やな)。アジ、タエア、
チョウチョウウオ、ブダイなんかが捕れます。

タヒチ伝道のブログ-fac 006
村の道は、普通はこの様に舗装されていません。
Takaroa、Rangiroa、Makemo、Katiuは一部
アスファルトとセメントで舗装されてました。
でも、この島は、他の島のように、IriIri(小石)
ではなくて、砂浜の白砂(One)を運んできてい
るのか、ビーチを歩いているようでした。これ
なら、僕でも裸足で生活出来るんじゃないかな?

 仕事が終わると、夕食には早いので、よく
散歩しました。普段は、アイスクリームとか、
ビスケットを買い食いして、たまにFiriFiri
(タヒチ版ドーナッツ)を売っていて買いました。
島に渡ると、妙に甘い物が欲しくなるんだよなー。

#インデックス
Tuamotu ツアモツ トゥアモトゥ
Rangiroa ランギロア
Manihi マニヒ
Fakarava ファカラヴァ
Makemo マケモ
Takaroa タカロア
Katiu カチウ

砂 One オネ
小石 IriIri イリイリ


| | コメント (0)

タヒチの仕事場 ツアモツ

タヒチ伝道のブログ-fac 001
 仕事場の島が見えてきた・・・。この任地は、
「とある事件」でタヒチでは有名な島。
どれくらい有名かと言いますと・・・。
 空港に行くのには、タクシーをよく利用する。
当然、馴染みのタクシー運ちゃんには、名前
で呼ばれる。
馬鹿話をして、笑いながら空港へ・・・。
「ワハハハハ(笑い) おい、今度はどの島に行
くんだ?」
「XX島」
「・・・」
空港まで無口になる。
とまぁ、ざっとこんなカンジ。

タヒチ伝道のブログ-fac 003
滑走路は、舗装されて無くて、着陸すると、
「ズザザザザー」てな砂煙付。
しかも、飛行機は見ての通り、19人乗り。
「Air Moorea」て書いてあるヤツ。
でも、この滑走路は、まだましな方で、別の島
では、椰子の木がびっしり生えている椰子林
の中で、滑走路の所だけ椰子の木が切って
あるだけ。しかも、滑走路は、珊瑚を削っただ
けで、砂利舗装すらされてなかった。
まるで、「日本帝国海軍の秘密基地」てトコ
がありました。
離着陸の時に、椰子の木に引っかかりそうで
怖かった。

タヒチ伝道のブログ-fac 002
村はずれの空港なので、村には船で渡る。
待合室で、機内預けの荷物を待って村に。
よく考えると、初めて村にある仕事場でした。

| | コメント (0)

タヒチの住み方

 タヒチに住むのは、日本人なら信用の点から
そんなに難しい事はない。
まずは、「滞在許可証」があれば、タヒチに
住む事が出来る。


タヒチ伝道のブログ-滞在02

 僕が持っているのは、タヒチの10年滞在許可証。
つまり、10年に一回の更新が必要な滞在許可証。
最初は、毎年更新の必要な滞在許可証で、黄色
だった。(今は見ての通り緑色)
 この滞在許可証(10年)は、いきなりは、難しいの
だけれど、5年以上住んで申請すると貰えます。
ただフランス人とか、タヒチアンと結婚すると、自動
的に貰えます。

 ただ住むだけは案外簡単なのですが、
タヒチで働くためには、これとは別に就労許可を取
る必要があります。
僕の持っているのは、

タヒチ伝道のブログ-事業者01
と言う、事業者ビザです。これは5年に一回の
更新が必要です。

タヒチ伝道のブログ-事業者02
これに書かれている事業だけが許可されます。
今度の更新は、2013年になります。

 就労を目的とすると、タヒチアンの雇用確保の
点から難しくなります。
特殊な技能を持っているとか、自分の就労に
よって、タヒチに利益をもたらす。もしくは、
タヒチ人の雇用が増えるとなると就労許可
を貰える確率は高くなります。

 僕の場合は、曾祖父がミキモト真珠に勤めて
いて、沖縄の川平湾で、黒蝶貝真珠養殖研究
をしていた時の支店長でしたし、祖父、父と、
日本で真珠養殖をしていたので、真珠養殖技術
者としてタヒチに就職出来ました。その後、
タヒチ語が出来るという事と、タヒチの文化
(タヒチアンダンス、タヒチの曲)に精通している
事が認められて、旅行業の事業許可
を貰いました。

#インデックス
タヒチの住み方
carte de sejour

| | コメント (0)

タヒチについて話し合うグルっぽを作りました。


 タヒチについて話し合うグルっぽを作りました。
興味のある方は参加して下さい。
タヒチの文化、タヒチの歌、タヒチアンダンス、
タヒチうんちくなどなど、タヒチついて何でも
話し合えればと思います。
タヒチの事は、知らなくても、「こんなところ?」
と夢語りも可です。

| | コメント (0)

ガンビエに行ってきました(タヒチの離島) 教会

 タヒチ島は、他の植民地となった地域と違い、プロテス
タントの方が先に上陸を果たしている。
その為、カソリックより、プロテスタントの方が多いのだが、
ここ、ガンビエではカソリックの方が先に上陸を果たし、
カソリックの方が多くなっている。

タヒチ伝道のブログ-教会01
この教会の建物は、タヒチ全体で一番古く、
今年は予算を付けて修復工事の予定が
されている。(9億フラン近く)

 昔、ガンビエには、スペインの捕鯨基地があっ
たそうだ。

タヒチ伝道のブログ-教会02

手前から、右奥に掛けての石畳は、
タヒチの伝統宗教遺跡のMarae(マラエ)の跡。
教会は、そのMaraeを壊し、その上に建てられ
た。

タヒチ伝道のブログ-教会03

タヒチ伝道のブログ-教会05

タヒチ伝道のブログ-教会04

インデックス
Gambier ガンビエ
Rikitea リキテア
カソリック 教会
最古

| | コメント (0)

ガンビエに行ってきました(タヒチの離島) リキテア上空

時間の前後関係めちゃくちゃですが・・・・

Tureia島を立って、一時間半ほど飛行機に乗ると、
Rikiteaが見えてきます。

タヒチ伝道のブログ-Rikitea

Rikiteaは、ごらんのように山があります。

タヒチには、5つの諸島があるのですが、
Tuamotu諸島と、Gambier諸島は同じ
行政区です。
昔は、原爆実験の関係で、事前に許可を
取らないと行く事が出来ませんでしたが、
今はそんなチェックもありません。

 Rikiteaの飛行場は、BoraBora等と同じで、
本島側に滑走路が無く、環礁上に作られて
います。
Totegegie滑走路と言います。
タヒチ島から、1600Km以上、途中給油もあり、
5時間も掛かってしまいました。


タヒチ伝道のブログ-Rikitea船

本島側には、町役場所属のボートがあって
行き来します。片道500フランです。
船に乗ると、Mutoi(町警察)が集金に来ます。

インデックス
Moruroa moururoa ムルロア
タヒチ tahiti
Rikitea リキテア

| | コメント (0)

より以前の記事一覧