« タヒチの魚 淡水魚 kanaskanas patii | トップページ | タヒチの果物 ボム・ドゥ・エトワール »

タヒチの魚 淡水魚 ウナギ puhi プヒ

タヒチ伝道のブログ-kahaia 001
 親父が、銛(モリ)の柄を探しに陸に行って

来た。(当時は水上バンガロー生活。つまり

海上に住んでた)


 画像は、良い銛の柄を提供してくれる、

ツアモツ語で、Kahaia(カハイア)、タヒチ語で、

Tafano(タファノ)と言う木です。花は夕方~夜

に咲いて、キンモクセイのような良い香りです。

彼女と、夜の砂浜を散歩しつつ楽しみたい

香りです。この日は曇りで、花が間違えて

咲いたか、昨夜の花が残っていたのか・・・。


 親父が、「沼を見たら何が居たと思う?」と

言うので、「えー?なんだろ?カナスカナスは、

あとで食べるように飼ってあるでしょ?

カナスカナスじゃなくて?」

「ちがうねん。なんとウナギが居た」

「へー。あの沼にねぇ・・・。」

「あれ、食べられへんかな?」

と言うわけで、ウナギ釣りの仕掛けを作る事

にした。

3メートルくらいの仕掛けに、50cm位のハリス

を付けて、4本の釣り針を付けた。

(ハリス、道糸共8号。釣り針は、カツオ延縄針)


 エサは、魚の切り身 * 2は決まったが、同じ

エサだけでは確実性に欠ける。

「何にしよ?」と親父に聞いてみると、

「まー、カナスカナスが沼にいるから、フツー

は魚を食べるんだろうけれど・・・水際に来た

鳥とか食べないかな?」と言う事で、

鶏の生肉 * 2を追加。


 お昼に仕掛けてその翌日・・・。

仕掛けを引き上げてみると重い。

釣れている!


タヒチ伝道のブログ-puhi 001

獲物(ウナギ)

 タヒチ語では、ウナギの事はPuhi(プヒ)と

言います。

 タヒチのウナギは、日本のウナギのように

黒(養殖)とか、深緑(天然)の様に単色では

無くて、黒と深緑のブチ・・・と言うかヒョウ柄

です。小さい時は、黒単色ですが。

口は、日本のウナギのように小さくなく、

ナマズのように大きいです。

親父がさばいてくれたのですが、陸から持ち

帰ったのは僕です。タヒチのように暖かい

所では、沼が干上がる事があっても生き残

れるようにか、ウナギの粘膜は凄かったです。

捕まえると「どろっ」といった感じで、握ったあ

と粘膜が手からなかなか取れずに困りました。

コールタールとか重油を触ったようでした。

粘膜を包丁でしごくと、灰色の単色の肌が

顔を出しました。

ウナギは、蒲焼きにして食べました。

スゴク脂が乗っていて、天然らしい固い皮

が美味しかった・・・でもこのサイズより大きい

ヤツはこの後釣りましたが、とても食えなかっ

たです・・・脂ありすぎの固すぎ・・・でした。


 ちなみに釣り針は二つ食っていて、二つとも

鶏肉でした・・・。魚を食って欲しかったなぁ~。

なんか、鶏って嫌だな。



#インデックス

Fakatere tere ファカテレテレ

kahaia カハイア

タヒチの木

うなぎ ウナギ タヒチ puhi

釣り方 料理方法



 

|

« タヒチの魚 淡水魚 kanaskanas patii | トップページ | タヒチの果物 ボム・ドゥ・エトワール »

タヒチの動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« タヒチの魚 淡水魚 kanaskanas patii | トップページ | タヒチの果物 ボム・ドゥ・エトワール »