« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

タヒチの魚 マツカサウオ IIHI 朝食定番魚 フライパニ

タヒチ伝道のブログ-iihi 001
タヒチの魚 「IIHI(イイヒ)」。日本では、
「マツカサウオ」系。ツアモツの魚だけれど、
タヒチでは、朝食定番魚なので、カルフール
なんかでも売っていたりする。
 食べ方は、はらわたや、ウロコを取らずに、
そのままフライパンに多めの油を引いて、
素揚げっぽく料理して、食べるときにウロコを
外して食べます。
 この魚は、街灯に集まるプランクトンを食べ
に寄ってくるので、夜釣り定番魚です。夜釣り
して次の日の朝食と、釣りと食に二度オイシイ
魚です。釣り方は、アジとか、サバを釣る
サビキで釣れます。

日本名が「係」てのに注目です。

タヒチ伝道のブログ-iihi 002
日本だと、「別名」が付いてしまうようなのでも、
「IIHI」です。と言うのも「IIHI」には、「赤」とか
「赤い魚」という意味があるのです。
まぁ、赤い魚には違いがないのだが・・・。

#インデックス
タヒチ語 単語
タヒチ伝統 朝食定番魚
イイヒ さびき 
タヒチの釣り

| | コメント (0)

タヒチの魚 ボラ

タヒチ伝道のブログ-bora 001
タヒチの魚 ボラ
 実は、タヒチ語の名前もあるんですが、
タヒチのボラって種類が多い上に、タヒチには
珍しく、各個に名前が付いている・・・。
と言うのも、前に「チョウチョウウオ」が出てき
た時に説明けれど、チョウチョウウオは、
みーんな「パラハラハ」、ベラだと、みーんな
「Poou」(ポオウ)とかって感じなのに・・・。

 日本では、ボラは出世魚なので、
オボコ -> イナダ -> ボラ -> トド と言う風に、
成長する度に名前が変わる。
もしかして、ソレかなぁ・・・
と思ったりもしたのですが、図鑑で確かめると、
ヒレの色とか、大人になったときの大きさの違い
とかで分けているらしく、確かに写真で全部を比
べて見ると「何となく違う」んだけれど、個別に見
ると、フツーに「単なるボラ」で差が解りにくい。

 日本では、ボラは鯉と同じで、泥を食う魚な
ので、泥を吐かせるために何日か飼ってから、
洗いにして食べます。ウチの地元だと、この
泥臭さから、好き嫌いがあります。それでも、
時期の良いときには、オイシイらしいのですが・・・・
うちの親父は、サイズの大きい物は割と
食べてましたネー。刺身大好き人間なんで。
小さいときに食べた記憶では、なんかコクの残る
ブリって感じだったな。
 鳥羽の漁場で、真珠貝の掃除をしていると、
巨大ボラが寄ってくるので、僕はよく捕まえてました。
親父は、酢味噌で食べてましたネー。僕も何回かは、
食べましたが、養殖ハマチ並みの脂の乗り具合・・・
と言うと、聞こえは良いけれど、要は脂クサかった。
漁師町じゃ、養殖ハマチなんて、脂臭くてマヂいと食
べませんから・・・。
ただ、時期の良いときには、「エビの身」とも言われ
るくらい上品なのは確かです。

 タヒチのボラは、日本の程大きくならないし、ただ
でさえツアモツの魚は泥臭いのに、ボラだから・・・
と食べないでいたのですが、タカロア島に行ったとき
に出来たお友達(この間、僕に女の子の口説き方を
教授してくれた社長さんのタカロア工場の地主さん)
が、「一緒に食べよう」と持ってきてくれたボラを、
塩コショウして油で素揚げにしたら・・・・ウマイッ。
と、それからはボラ好きに。でも、さすがに生はなー・・・。
その後、別の島(またさっきの社長さん経営の仕事場)
に行ったとき、社長自らが網を掛けて捕ってくれた
魚が10匹くらい・・・不漁だったらしく、済まなさそうに、
「もし、欲しいのがあって良かったら貰って」と言うので、
コレも、仏のお導き・・・
仕方なく小さなボラ二匹を選択すると・・・。
社長さん、スゴイうれしそうな顔をした後、真顔で、
「あ、そのボラ、生で食ったらダメだぞ。火を通せよ」
と言われた。
どういういきさつのボラなんでしょうか・・・?
で、塩コショウして素揚げにしたら・・・泥臭くてマヂ
かった・・・。場所によるのかなぁ?

#インデックス
ボラ hopiro
イア イカ
ia na ia ta ia ika
poisson

| | コメント (0)

タヒチ 僕の家の水族館 家の下 お掃除 トイレ 浄化システム その2

タヒチ伝道のブログ-aqua 001

僕の家の水族館2

 「あ、画像が一緒じゃないか?インチキじゃ

ないか?と思われるかも知れません・・・・。

実は、前回は「トイレ」について書こうとしたの

ですが、この画像で目立っているタエアについ

て書いてしまい、本命のお魚について書こうとし

たら・・・時間切れ・・・

と言うより、僕の根気切れで・・・・。(スマンっ)


 さて、今回の主役は、この画像では、タエア君

大活躍で、中層域に逃げているお魚です。

タヒチ語で、Marava(マラヴァ)、日本では

「アイゴ、あいご」と呼ばれるお魚です。

この画像は、夜なので、タエア君も大張り切り

ですが、昼間~夕方ではマラヴァ君が、ゴミの

片付け役です。

アイゴは、日本では磯焼け(岩に付く藻類を食べ

尽くしてしまい、他の魚介類の漁が減る現象)

犯人と言われています。また、藻類を食べる魚

独特の、嫌ぁあ~な匂いのある魚です。

お腹を開くと、沢山のバター状の油があり、

内臓全部がクサイ上に、背びれと胸びれに

微毒を持つ強烈なトゲがあります。

 釣ってから、釣り針を外そうとした瞬間に魚が

はねて、何度も刺されたことがあります。不思議と、

指とか、皮膚の薄い、しかも関節ばかり刺されて、

仕事に支障が出ることもしばしば・・・タヒチでは、

「オシッコ(尿)を掛けると毒消しになる」と言われ

ていて、「昨日、マラヴァに刺されて痛い」というと、

「クスリ要る?」とニヤリと笑われます。

つまり「オシッコかけてやろうか?」のカラカイな

んです(笑い)タヒチでは、この手の下ネタが出来な

いとダメですよー。

 食べてみると、オイシイ魚なんですが、日本では、

この匂いと、トゲがあるので、食べる前のワタを取る

作業がおっくうだったり、ワタを取って、しっかり

洗っても微妙に匂いが残るので、最初から敬遠

たりとあまり食べられてない魚です。

 ウチは父がアイゴの干物が好きで、「他じゃ、

貰ってくれないけれど」と、ウチの父にアイゴを

持ってくれる人が居たので、僕は、たまに干物として

は食べてました。

 タヒチでは、トゲで手を突かないように、背びれと、

胸びれを切り取ってから、塩コショウしてフライパン

でソテーしてから食べるのが多いです。

あと、タヒチでは、骨に付いた身をチューチュー

吸って食べるので、口を突かないようにするのも

あると思います。

火を通すと、コショウも効いて、マラヴァの臭さは

気にならなくなってオイシイく食べることが出来ます。

さすがに、タヒチ島、ツアモツでも生では食べませんが、

オーストラル諸島から来ていたバイト君は、

「僕らの所では、この油のワタがご馳走なんだ」と、

生で食べてました・・・スゲー・・・。ツアモツ人も驚いて

ました。

 僕の水上バンガローの周りには、僕らのゴミ目当て

に沢山住んでいて、バナナを食べた後、皮を海に棄て

ると、ピラニアに襲われるように一瞬にして無くなります。

池の鯉のように親近感もありましたが、特に別の意味で

家の周りのマラヴァは食べませんでした・・・・

 僕の家のトイレですが、海にボットン式でした・・・

もう、お気づきですね?

と言うわけで、マラヴァには、特別な思いがありました。

ので、家の周りのヤツは食べなかったです。

サメ釣りの餌用には釣ってましたが、食べるためには

釣りませんでした。


 高級ホテルの下水システムは、水上バンガローから

下水管を通って陸に運ばれ、陸上もしくは、水中にある

下水処理システムで処理されてます。

 

タヒチ伝道のブログ-mareva 001

画像は、日本の「アイゴ」。

タヒチの画像も有ったのだが・・・。


タヒチ伝道のブログ-neko 003

オマケ画像。タヒチの猫ちゃん。
仕事で行った先で懐かれてしまった。


#
インデックス
タヒチ伝統 料理 食事
タヒチ語 単語
Miti haari Miti hue
Taea mamo
marava
マラヴァ アイゴ あいご

ヤドカリ 赤 紫 赤紫 モーブ
oniani , oniani piropiro
maa tahiti
カルフール マルシェ 公共市場 パペーテ

猫 mino mimi





| | コメント (0)

タヒチ 僕の家の水族館 家の下 お掃除 トイレ 浄化システム

タヒチ伝道のブログ-aqua 001
僕の家の水族館
 ご飯が余っても、海に棄てたら、あっという間
に片付けてくれる。この画像で目立つのは、
小さくて、白黒縞の魚は、Mamo。
赤い尾びれの魚は、タエア。僕は、Mamoは
さすがに食べないのだけれど、中国から働き
に来ていた同僚は、なんと釣って食べてまし
た・・・。
 タエアは、ツアモツ全般の魚に言えるんだけれ
ど、ツアモツ独特の生臭さのある魚で、味はそ
んなに悪くないのだけれど、この匂いがあるの
で、僕は、生で食べるのはパスです。タヒチ式
では、主に茹でて、ミティフエ(コプラに、タマネギ、
ニンニク、塩などを入れて作ったソース。タヒチ
では、パペエテのマルシェや、カルフール等で
も市販されている)や、ミティハッアリ(椰子ミルク
を作るとき、削ったコプラに海水を加えてから、
コプラを漉(こ)して作った椰子ミルク。普通の
椰子ミルクは、何も加えないでそのまま漉すか、
少し水を加えてから漉す。こちらも、カルフール等
でも買えます)で食べてますが、タヒチ島に居ると
きは、ミティフエやミティハッアリを作るのも大変だ
し、お店に買いに行くまでの事はないので、僕は
塩コショウしてフライパンで焼いて食べる時が多
いです。

#インデックス
タヒチ伝統 料理 食事
タヒチ語 単語
Miti haari Miti hue
Taea mamo
ヤドカリ 赤 紫 赤紫 モーブ
oniani , oniani piropiro
maa tahiti
カルフール マルシェ 公共市場 パペーテ




| | コメント (0)

タヒチの景色 南十字星 星座 サザンクロス

タヒチ伝道のブログ-minamijyuji 001

南十字星

 南の島に来たら、南の島でしか見ることの

出来ない星座も楽しみの一つではないだろうか?

普段は、夜空なんか見なくても、タヒチに来る

と、にわか天文ファンとなることだろう。

 タヒチは、空気が綺麗なせいもあるが、無粋

な街灯が乱立してなく、良い意味で夜が暗く、

田舎の僕の実家より星を楽しむ事が出来る。

 僕の実家は、とても田舎で、街灯らしい街

灯は殆ど無く、夜になると、懐中電灯無しには

出歩けたものではないが、見渡すと、どこかに

人工的な明かりが見えている。

この小さな明かり一つでも見えにくくなる星は

沢山あるので、街灯の少ないタヒチの離島では、

「こんなに星があったのか!」と驚く事が出来る。


 僕の実家でも、人工衛星が夜空を走る様子や、

流れ星を見ることが出来ますが、タヒチでは

何倍も発見することが出来ます。

 二人で夕食を終え、ルームサービスで頼ん

だシャンパンでも飲みながら、夜の星座を楽し

むのはどうでしょうか?水上バンガローなら、

これに、心地よい潮風と、波の音も楽しめます。

二人で会話を楽しむのも良いし、タヒチの曲

を聞いたり、この際ウクレレに挑戦するのも

良いかもしれません。


南十字星の見つけ方。

 南十字星は、一番小さな星座です。見つけ

やすい星座の一つですが、パペエテなど、街灯

のあるところでは少し見つけにくくなる事があり

ます。こんな時には、目印となる星を覚えておく

と良いです。タヒチでは、なんと言っても、

「アルファケンタウルス座のアルファ星」

です。この星は、地球から一番近い星で、

4.37光年しか離れておらず、-0.01等星と、三番

目に明るく見える星です。

 この画像では、画面左半分に、明るい星が

斜めに並んで二つ見えると思います。二つの星

のうち左側で下に見える赤い星が、

「アルファケンタウルス座のアルファ星」

になります。もう一つがベータ星で、アルファと、

を結んだ距離を約二倍すると南十字星が発見

できます。

見つけることが出来ましたか?
一応写真は、僕が撮りました。さすがに写メでは
無理でした。

#インデックス
α アルファ β ベータ

Crux

Toliman
タヒチ語 うんちく 単語 辞書 翻訳 名前

名曲

| | コメント (0)

タヒチの食べ物 Puaa niho  プアッアニホ マルケサス 山羊 ヤギ

タヒチ伝道のブログ-puaa niho
 マルケサスに行った時に食べた、「Pua'a Niho」。
「Pua'a(プアッア)」とは「豚」の事。「Niho(ニホ)」
は、「歯」とか「角」の意味。直訳すると、
「牙のある豚」とか「角のある豚」となる。
この場合は「角のある豚」。つまり「山羊」の
事。山羊料理だから、料理の名前が「山羊」
と言うのもタヒチらしいっちゃあ、らしい・・・。

 マルケサスは、西洋人が持ち込んだ山羊が
野生化して繁殖し、生態系や、農作物に被害
が出ていいるので、駆除をしている。
「マルケサスにライフルを撃ちに行く」てのを
よく見聞きします。
「タヒチでライフル?」も意外な気持ちもありま
すが、クレー射撃もされていて、知らないで
山に入ると「射撃注意」なんて看板があっ
て驚きます。
 マルケサスのお土産は、山羊肉、レア
(マルケサス産ローカルショウガ = 黄色ウコン)、
タポロ(タヒチレモン、タヒチアンライム)が定番です。

 お料理の説明。中央にライス。左上の黄色いの
は、パンの実に片栗粉を付けて揚げた物。左下
の灰色は、茹でたタロイモ。右半分が、山羊肉を
黄色ウコン、椰子ミルク等でジックリに込んだもの。
肉は軟らかくて美味しかった。椰子ミルクで煮込ん
だ肉って好きだなー。レアを入れて煮てあるので、
山羊肉の匂いは気になりません。
日本じゃ、山羊肉とかそんなに食べないのだけれど、
タヒチに住んでいると、友人に貰ってよく食べます。

タヒチ伝道のブログ-yuuyake 002
 ツアモツの夕焼け。
 実は、ツアモツの夕焼けに惚れて、一時毎日
撮っていた・・・。
夕焼けカメラマンだった事あり・・・。

#インデックス
Pua'a puaa niho
rea
マルキース
マルケサス
ヌクヒヴァ
ヌクヒバ
ココナッツミルク
uru ウル パンの実
Taro タロ
タヒチ伝統
夕焼け タヒチ ツアモツ

| | コメント (0)

タヒチの食べ物 Uru chips ウル パンの実 チップス

タヒチ伝道のブログ-uru tip001
 前回紹介したチップスの、ウル(パンの実)版。
写真には撮ってないのだが、Taroイモ版も
ありました。3種類の中では、このウルが
一番美味しかったです。
サクサクの歯ごたえ感も良かったし。

 トンガに行った時、トンガローカルのハンバー
ガー屋さんがあって、フライドチキン&チップス
とか、ハンバーガー&チップスを注文すると、
フライドポテトが、ウルで作ってあり、
「こんな食べ方もあるのか!」
と驚いた次第。とても美味しいっ。ウルと油って
ヤケに合います。
タヒチだと、ウルにはタマネギと一緒に炒めた
コンビーフが定番ですが、コンビーフも油の固ま
りだもんな。
タヒチに戻ると、おやつの定番が一品増えました。

 食堂で食べている間、次々と、生ウルが
運ばれて来てました。

タヒチ伝道のブログ-yuuyaku 001
ツアモツの夕焼け

| | コメント (0)

タヒチの食べ物 Umara chips ウマラ サツマイモ チップス

タヒチ伝道のブログ-umara tips
 タヒチ語では、「サツマイモ」の事を「Umara」
(ウマラ)と言います。南米原産のサツマイモは、
ポリネシアを始めとした、太平洋全域に広まっ
ており、名前も、Kumara , Umara等よく似てい
ます。
 諸説有りますが、タヒチの伝承によれば、
伝説の「ホトゥ親子」による、冒険があり、
アンデス山脈に積もる雪を見たとも取れる話
があります。
事実タヒチには、南米原産のサツマイモが、
西洋文化との最初の接触である、大航海
以前から存在していますから、南米との間で
行き来があったと考えてもおかしくありません。
また、語源は、南米ケチュア語でサツマイモ
を意味する「cumal」との類似もあります。
 日本の伝承では、千葉あたりにポリネシア
の人たちがたどり着いたという話もあり、
非薩摩経由のサツマイモの原種が、茨城の
山の中にある・・・と言うのを聞いた事が
あるのですが、ホントウでしょうか?

 マルシェで売っている、生サツマイモの
写真も良いんですが・・・Umara Tipは美味
しかったんですよー。600フラン(700円位)
と言う高額が響いたのか、絶版?です。
最近売っているのを見ないです。

タヒチ伝道のブログ-tuamotu 001
殺風景なので、ツアモツの写真
昔住んでいた水上バンガローから見た陸

#インデックス
umara kumara ウマラ クマラ サツマイモ
chips チップス アンデス 南米
タヒチの伝説
Hotu親子

| | コメント (0)

タヒチの魚 ヤガラ

タヒチ伝道のブログ-yag 001

 

http://www.bunka.pref.mie.lg.jp/minwa/chusei/tu/index.htm

でおなじみの「ヤガラ」。あ、これのタヒチ語名

知らないや。英語だと、トランペットフィッシュだっけ?

フランス語だと、「フルート」て言ったような。

これは、僕のモリの餌食になりました。


タヒチ伝道のブログ-yag 003

ルアーでも釣れます。

タヒチ伝道のブログ-yag 002
芸のない料理ですまない。

ただ、ヤガラは、ハモとかウナギっぽい

ホクホクした締まった身で、スゴク美味し

かったです。栄養もあるみたいだし?

| | コメント (0)

タヒチの花 Motoi モトイ モトッイ ylang-ylang

タヒチ伝道のブログ-motoi 001
 香水や、石鹸の香りとして使われる、
タヒチで、Moto'i(モトッイ)と呼ばれる花。
お店の名前とかにも付いていたりします。
 原産は、インド、マレーシア辺りなので、
日本では、Ylang-ylangと調べると出てくる
のかな?日本に居た頃には、知らない花で、
初めて見たのはタヒチ。ま、僕にはそんな初
めてばっかりなのがタヒチなのですが・・・・。
でも、こやってみると、どれが花やら、
葉っぱやら?
ちょいと、アップしてみるか。

タヒチ伝道のブログ-motoi 002
 この、黄色くて、イカの刺身みたいなのが花。
香りは、キンモクセイの様な澄んだ香り。

| | コメント (0)

外国で働いていると・・・

タヒチ伝道のブログ-megumi

http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg1754.html


 外国で働いていると、有事の際、日本は助けてくれるのか?

と言うのが、常に頭をよぎる。

今のところ、仮に反日感情が起こって、日本人虐殺・・・

なんて事が起こったとしても、タヒチには友人は多いし、

有る程度はかくまっては貰えるだろうが・・・。

最終的には、自衛隊が出動して、救出してくれなければ、

単に、最後の日(死)の引き延ばしなんだよね。

横田めぐみさんの為に、自衛隊が出動出来るかどうかが、

僕にとっての、日本国信頼度なんだけれど・・・・。


| | コメント (0)

タヒチの仕事場 ツアモツ その2

タヒチ伝道のブログ-fac 004
 今までの仕事場は、Nakeと言って、村から
離れている仕事場に住み込んで、キャンプ
みたいな所ばかりだった。
この仕事場は村にあるので、仕事仲間以外
の人もいるし、お店でお買い物も出来る。
右端に写っている建物が、この前の記事で、
僕に女の子の口説き方を教えてくれた社長さん
ちの仕事場。この写真は、あの記事の前に
来た時の物。あの時は、この島の仕事を
終えて、船でFakaravaに渡りました。

タヒチ伝道のブログ-fac 005
魚を捕るための梁(やな)。アジ、タエア、
チョウチョウウオ、ブダイなんかが捕れます。

タヒチ伝道のブログ-fac 006
村の道は、普通はこの様に舗装されていません。
Takaroa、Rangiroa、Makemo、Katiuは一部
アスファルトとセメントで舗装されてました。
でも、この島は、他の島のように、IriIri(小石)
ではなくて、砂浜の白砂(One)を運んできてい
るのか、ビーチを歩いているようでした。これ
なら、僕でも裸足で生活出来るんじゃないかな?

 仕事が終わると、夕食には早いので、よく
散歩しました。普段は、アイスクリームとか、
ビスケットを買い食いして、たまにFiriFiri
(タヒチ版ドーナッツ)を売っていて買いました。
島に渡ると、妙に甘い物が欲しくなるんだよなー。

#インデックス
Tuamotu ツアモツ トゥアモトゥ
Rangiroa ランギロア
Manihi マニヒ
Fakarava ファカラヴァ
Makemo マケモ
Takaroa タカロア
Katiu カチウ

砂 One オネ
小石 IriIri イリイリ


| | コメント (0)

タヒチの仕事場 ツアモツ

タヒチ伝道のブログ-fac 001
 仕事場の島が見えてきた・・・。この任地は、
「とある事件」でタヒチでは有名な島。
どれくらい有名かと言いますと・・・。
 空港に行くのには、タクシーをよく利用する。
当然、馴染みのタクシー運ちゃんには、名前
で呼ばれる。
馬鹿話をして、笑いながら空港へ・・・。
「ワハハハハ(笑い) おい、今度はどの島に行
くんだ?」
「XX島」
「・・・」
空港まで無口になる。
とまぁ、ざっとこんなカンジ。

タヒチ伝道のブログ-fac 003
滑走路は、舗装されて無くて、着陸すると、
「ズザザザザー」てな砂煙付。
しかも、飛行機は見ての通り、19人乗り。
「Air Moorea」て書いてあるヤツ。
でも、この滑走路は、まだましな方で、別の島
では、椰子の木がびっしり生えている椰子林
の中で、滑走路の所だけ椰子の木が切って
あるだけ。しかも、滑走路は、珊瑚を削っただ
けで、砂利舗装すらされてなかった。
まるで、「日本帝国海軍の秘密基地」てトコ
がありました。
離着陸の時に、椰子の木に引っかかりそうで
怖かった。

タヒチ伝道のブログ-fac 002
村はずれの空港なので、村には船で渡る。
待合室で、機内預けの荷物を待って村に。
よく考えると、初めて村にある仕事場でした。

| | コメント (0)

タヒチの魚 vete ヴェト おじさん ヒメジ

タヒチ伝道のブログ-vete 001
 僕が住んでいた、仕事場兼住居の下には、
色々なお魚が寄ってきます。
こんなにお魚が寄ってきたら、漁師の血が
騒ぐってもんだ。

タヒチ伝道のブログ-vete 002
「このやろっ」モリで一撃。
タヒチ語では、Vete(ヴェト)と言うお魚です。
日本だと、「ヒメジ」とか「おじさん」と呼ばれる、
鯉のように、口の下に触覚のある魚。

タヒチ伝道のブログ-vete 003
軽く塩コショウして、小麦を付けて、バターで
ソテー。お昼ご飯にしました。
身は柔らかくて、あんまり美味しくなかったな。

| | コメント (0)

タヒチの植物 唐辛子 トウガラシ

タヒチ伝道のブログ-tgs 001
 ガンビエで、耕作放棄されていたトウガラシ。
ガンビエは、山(土)のあるところなのと、
ガンビエの人って、ワリと働き者なので、
今は、放棄されているけれど、トウガラシだと
か、コーヒーだとか色々植わっていた。
このトウガラシ激辛です。このトウガラシを
摘んでから、そーとー手を洗ったつもり
でしたが、おしっこしたら、大切なところが
ヒリヒリしました。
目なんか触った日には、どうなってたん
でしょうか・・・?

タヒチ伝道のブログ-tgs 002
 オイスターソースの瓶が空いたので、
自家製トウガラシオイルを作ってみました。
と言っても、さきほど摘んだトウガラシに、
サラダオイルを入れて、腐敗防止に、
お酢と、塩を少し入れただけ。
パスタに合いました。
 使って、オイルが減ってきたら、オイルを
継ぎ足すだけで何度も使えます。

| | コメント (0)

タヒチの生き物 真珠貝 Parau アルビノ

タヒチ伝道のブログ-pru 001
 黒蝶貝のことをタヒチ語では、Parau(パラウ)
と言います。なので、仕事中に、栓を挿した貝
が切れると、「Parau~」と声をかけます。
ま、アシスタントの女の子が、若い子だと、
何も言わなくても、気づいて取りに行ってくれ
ますが、少しオバちゃんが入ると、エラクなっ
てしまって使いにくい時が・・・。
 仕事場によっては、「口笛を吹いてくれ」て
ところもあります。僕が最初に勤めたところは、
口笛だったので、別の工場で口笛吹いたら、
通じなかったことが・・・。
 白いけれど黒蝶貝・・・。要は、アルビノね。
島によりますが、2~4万貝に一つ位居ます。
この貝を細胞貝(ピース)として使うと、当然
真珠も白系ものが出来やすいです。
ただ、貝殻は、白いけれど、外套膜とかは、
むしろ粘液も濃い感じ。ただ、黒というより、
濃い黄土色ぽいかな。

タヒチ伝道のブログ-pru 002
 貝の内側はこんな感じ。
「白蝶貝じゃないの?」と思われる方もいらっ
しゃるかと思いますが、白蝶貝の端先部分
は、ゴールドリップと、シルバーリップと
呼ばれるように、金貝、銀貝があり、ごく稀
に、シャンパン(ロゼ)と呼ばれる、ピンク貝
もあります。
 通常の黒蝶貝は、貝の端先辺りは、ピー
コック(カラスの濡れ羽色と言とか、孔雀の
羽のような感じ)なのですが、この貝はここ
も白い。真珠養殖では、端先部分の外套膜
を使うので、当然真珠も、白系となります。

#インデックス
Parau パラウ 黒蝶貝
アルビノ 白系

| | コメント (0)

タヒチの花 Miri ミリ

タヒチ伝道のブログ-miri 002
 Miri(ミリ)。シソの仲間。敢えて和訳すると、
タヒチ・シソとか、マルケサス・シソって所かな。
葉は、日本のシソと同じ匂いがしますが、
やや漢方薬ぽい苦みがあります。
むしろ、「バジリコ」と言ってしまった方が
良いかな?食用にもしますが、Hei(レイ)を
作る時に、香り付けに花と、花の間に、入れ
込んだりします。

タヒチ伝道のブログ-miri 001
赤紫のもあります。もちっと、青(ブルーという
意味の)味がかった、青紫っぽいのもあります。

#インデックス
シソ 紫蘇 目箒
Miri ミリ
Hei レイ

| | コメント (0)

タヒチの仕事 真珠 貝柱 korori

タヒチ伝道のブログ-fac 006
 黒蝶貝の貝柱と、外套膜(ホタテ貝で言う所
の「貝のヒモ」)、貝の身を洗って、ぬめりを
取っている所。
 このオネイさん方は、真珠養殖場の従業員
では無いのですが、真珠の採りだしをすると、
割る貝があるので、貝の身を貰いに来てまし
た。日本の真珠貝だと、三重では、貝柱しか
食べないのですが、九州なんかでは、内臓
部分(牡蠣の身みたいなの)も食べるらしい
です。タヒチでも、基本は貝柱しか食べない
のですが、この島では、洗ってぬめりを取っ
て食べるようです。
僕も食べた事はありますが、ぬめりの
感触と、ぬめりの生臭さが苦手でした。
親父が、牡蠣フライみたいなのを作ったの
で食べてみた。
このように、洗って、ぬめりを取れば、美味し
く食べられるのかも知れません。
 何でこのおねいさん方の作業を見に来た
かと言いますと・・・。
 前の記事の社長さんが、
「ところで、お前結婚しているのか?」と聞くの
で、
「いや。結婚してないし、彼女も居ないよ」と言
うと、
「あそこに、Marania viruviruが居るから、口説
いてこい」と言うので、
「なんて言って口説いたら、良いんだ?」
と聞くと、
「僕は、真珠の技術者で、給料は良いから、
お金の心配は要らないし、スグに家も建てら
れるし・・・」
をいをい、イキナリ結婚申し込むのかよ?
 ちなみに、手前の方は、お母さんで、奥が
妙齢のおねいさんでした。
この年齢で、彼氏も居ない、タヒチでは奥手
な子で、話は、あんまり続かなかったな。
つか、母親が居たから?

#インデックス
ツアモツ語
Marania マラニア 女の子
viruviru ヴィルヴィル 綺麗な

| | コメント (0)

タヒチの仕事 真珠 貝割り tapu

タヒチ伝道のブログ-fac 005
 真珠貝を割って(殺して)真珠と貝柱(コロリ)を
取っている所。
 この画像で、帽子を被っている方は、現在
タヒチで自治議会議員をされている方です。
当時はまだ、議員ではありませんでしたが、
ツアモツ諸島の、とある島で村長(島長?)
さんをされてました。
 タヒチ自治議会議員には、保守(=フランス領
自治派=Tahoeraa Huiraatira党)で当選したん
ですが、改革派(=社会党系、フランスからの
独立推進派=UPLD党)に合流し、改革派が過半
数を取り、真珠大臣と、郵政大臣になりました。
自治大統領と一緒に日本にも来られた事が
あります。
真珠のプロモーションと、マグロの畜養事業
の打ち合わせでした。

 タヒチで、五本の指に入る大真珠養殖業者
の社長さんですが、ツアモツ人らしい気さくな
方です。社長自ら、貝柱取ってんだもんなー。
「貝は、割らないでまた核を入れればいいのに?」
と言うと、「色々難しい問題があってネー」
との事。後で知りましたが、この養殖場は、
母貝の確保が難しいので、閉鎖する予定だった
とか・・・。
 僕が去年作業した貝も有って、20mm近い真珠
もゴロゴロ出て来て、「わー、すげー。でけー」
とか初めて見るように驚いていました。20年も
真珠養殖していてもこうなんだろーなー。
「どうやった?どうやった?」と聞いてきたけれど、
「丁寧に作業した」て位です。
この社長さんは、今は中国人技術者を20人くら
い使ってます(写真には撮りませんでしたが、この
時も6人中国人技術者が来てました)が、核入れ
作業は良いみたいですが、真珠の採りだし作業
は下手でした。たまーに、中国人技術者の真珠
の出来が悪い時なんかに、「貝や、漁場が悪い
のか、単に中国人が下手なのか」
調べるために、僕も机をならべて仕事をする事
があるんですが、10年選手でも、かなり下手
でした。一日の作業数も、僕より少ないし。
この大貝も、中国人にさせると、使う核のお金だけ
損するから出来ないと言うのもあったようです。
大きい核は、高いですから。

| | コメント (0)

タヒチの仕事 真珠 玉入れ patia

タヒチ伝道のブログ-fac 003
 タヒチ語では、真珠技術者の事を、Patia(パティア)
と言います。Patiaの意味は「突き刺す」、とか、
「注射」です。

 写メは、真珠の取りだし作業です。
青い服を着ている方が、技術者。白い服を着
ている方は、技術者のアシスタント的な仕事
をする方。
 アシスタントは、栓を差した貝が切れないよう
に、栓を差した貝が残り少なくなってきたら、
補充してくれ、技術者が作業した貝を、また
沖に出すように、紐に縛ってくれます。
医者と看護婦の関係に似ているかも?
ただ、タヒチの場合は、女性上位なので、
彼女たちのように、女同士の仕事はそー
問題がないのかも知れませんが、僕が仕事を
すると、なんか、アシスタントにアゴで使われ
ると言いますか・・・。「もうちょっと、ゆっくり
仕事しろー。縛るのが大変じゃないかー」
と文句言われたり・・・。そのくせ、終業前に
なると「早くしろー。早く終われー」と言われたり。
日本だと、おばさんの方が良く気が付いて、
仕事してくれますが、タヒチだと若い女の子の
方が、気も効くし手際が良かったりするんだよ
なー。この白シャツの女の子と仕事をした事が
ありますが、会社の闇情報とか結構知ってい
て面白かった。気も効いたし、仕事上の頼み
事も聞いてくれて、使いやすかったです。
 先輩に聞いた所によりますと、昔は、アシス
タントの女の子は、もう一人居て、栓を差してあ
る貝を取ってくれ、貝の口を開いて、技術者の
作業台の上に載せてくれ、技術者が作業をする
と、別の貝に取り替えてくれて・・・と、技術者は
貝を手で触らなくて良かったとか・・・。
技術者は、細かい作業なので、素手で作業を
します。貝は、いくら貝掃除がされているとは
言え、触ると手が痒くなるイソギンチャクや、
これまた手が痒くなる藻なんかが付いている
場合もあるし、表面は見た目すべすべしてい
ますが、ヤスリ状で、左手の皮はいつも薄く
なってます。あと、デカイ貝なんか開けてくれる
から楽そうだなー。

| | コメント (0)

タヒチの仕事 真珠 栓差し

タヒチ伝道のブログ-fac 002
 貝掃除が終わった貝は、栓が差される。
 やっと「Mikimiki(ミキミキ)」がナニに使われ
るか紹介できます。今は、プラスチックの栓を
使っていますが、前回僕が来た時には、
この仕事場も、Mikimikiで栓が作ってありまし
た。
 日本の真珠貝も、挿核施術作業をする時に
は、我々技術者が貝の口を開けて作業する為
の、開口器(ペンチ)が貝に入れ易いように、
貝の口にくさび状の栓を差します。日本の
真珠貝は、真珠の歩留まりや、真珠の質を
あげる為に、抑制と言って、分かり易く言うと、
貝を弱らせてあるので、海水から揚げてくると、
「ふわー」と勝手に貝は口を開けてくるので、
その間に、栓を次々と差していけます。
しかし、黒蝶貝は、貝柱がとても強く、勝手に
口を開ける事はまずないので、丁度大工道具
の「ノミ」の様な物を貝に差し、その隙間に栓を
入れるという作業になります。

#インデックス
Mikimiki ミキミキ
栓 栓差し

| | コメント (0)

タヒチの仕事 真珠 貝掃除 horohoroi

タヒチ伝道のブログ-fac 004
 沖から届いた貝は、ナイロン糸で紐に縛ら
れているので、まずナイロン糸を切って紐か
ら外し、貝掃除をします。
 この貝は、既に何年も飼われていて、何度
か真珠を採っているので、今のタヒチの貝と
しては大きい方です。(昔はこのサイズが
レギュラーサイズだった)
 日本の真珠は、挿核施術(手術)後、真珠
の採りだしは、貝を割って(殺して)真珠を採
りますが、タヒチの真珠は、挿核施術と同じ
ように貝を扱い、真珠採りだし施術をして、
真珠の品質や、貝の状態を見て、再び核を
入れてまた真珠を作ります。
 さて、このサイズの大貝が敬遠される理由
ですが、中国人技術者は、このサイズの貝
では、一日の作業数が少なくなる(貝柱が太く
大きいので、貝の口を広げるのに力が要り、
時間が掛かる)ので、
「あーだか、うーだか」言って、作業放棄す
る(「真珠が汚い」とか、「貝が病気だ」とか
嘘を言ってタヒチアンを騙す)ので、施術され
ずに、貝を割られる(殺す)運命と成る場合が
多いのです。この辺りが、タヒチで、高品質
で大きな真珠が取れなくなった理由です。

 僕がタヒチに来たばかりの頃は、これが
レギュラーサイズで、
「これは、無理かも?」と思いかけた事も
ありましたが、これで慣れたので、米に字
を書くと言われる中国人技術者相手でも、
一日の作業数で負けた事はありません。

 「これは無理かも」と思った時ですが、
作業開始30分で右手人差し指にマメが出
来、一時間でマメが破れ、出血。人差し指
を避けていたら、中指が同じ状態になり、
最後は左手で貝を開けて昼まで乗り切り
ました。
昼休憩でほぼ回復。午後からは絆創膏
こそ貼っていましたが普通に作業が出来
るようになりました。この時、右手が完成
しました。この後は、作業中に指の皮が
厚くなる以外、マメすら出来ないです。

| | コメント (0)

タヒチの仕事 真珠 ダイバー hopu

タヒチ伝道のブログ-fac 001
 真珠の仕事は、まずダイバーさんたちが、
沖で飼っている真珠貝を仕事場まで持ってき
て始まる。沖では、大体5~10メートルの深さ
にロープが張られていて、貝は、そのロープに
吊られて飼われている。日本では、ロープは、
海面すれすれか、干満の関係で、せいぜい
1m程度の深さで、潜らなくても作業が出来る
が、タヒチの場合は、潜って作業することを
前提としている。
 日本の真珠貝は、ネットに入れられて飼わ
れているが、タヒチの真珠貝は、主に、貝に
穴を開けて、その穴にナイロン糸を通し、
紐に縛って飼われている。日本でも昔は
その方式だったが、人件費の問題や、
漁場の汚染などで、その開けた穴から、
病原菌や、寄生虫が入って病気や、死ぬこと
が多くなり、この方法は使われなくなった。

僕 「おーい、数間違えるなよー」
ダイバー 「だいじょーぶ。だいじょーぶ」

「タヒチアンが、"大丈夫"と言ったときは、まず
間違える。」 by タヒチの法則



| | コメント (0)

タヒチの食べ物 ナポレオンフィッシュ マラ

タヒチ伝道のブログ-mara 001

 日本では、水族館や、ダイバーに人気の
ナポレオンフィッシュ。1cm/1万円で取引
されているそうですが、タヒチでは普通に
食べ物です。タヒチ語では、Mara(マラ)と
言います。ちょっと人前で大声では発音
しにくい名前ですが・・・そんな事無い?
 初Maraは、上半身部分を煮付けに、
下半身を刺身にしました。下半身を食べて
いる分には、普通に「ブダイ」でした。
仮にも「鯛」と付くくらいですので、美味しかっ
たです。
煮付けは、コブの部分が美味しかったです。
コラーゲン球ってカンジでした。

タヒチ伝道のブログ-fare 001
 初めて赴任した仕事場の、my水上バンガ
ローから眺めた入道雲。
 水は貴重で、雨水を貯めて、水浴び&
飲み水に使っていたので、仕事が
終わると、この海にドボンして、身体を
洗ってから、雨水で海水を流してました。
 左手に見える組んだ木は、水上バンガロー
を作ろうとして、途中で工事がストップした物。


| | コメント (0)

タヒチの植物 Mikimiki ミキミキ

タヒチ伝道のブログ-mkmk 001
 ツアモツ諸島と言えば、Mikimiki(ミキミキ)?
 タヒチを代表する歌手の一人、フィリップ・
タンガロアが、流行らせた曲の歌詞にも
使われている(horo horo ki roto i te mikimiki~)
くらい、ツアモツ諸島ではポピュラーな草木の
ひとつ。木はとても硬く、しまっているので、
なんと水に沈みます。
 僕が、初めて働いていた仕事場では、この木
で大切な仕事道具を作っていました。
何の道具に使っていたか・・・?
それは、また次回以降に・・・。

タヒチ伝道のブログ
ついでにツアモツ諸島の風景

#インデックス
ツアモツ諸島 Tuamotu
mikimiki ミキミキ

| | コメント (0)

タヒチの植物 ファラ Fara パンダナス タコの木

タヒチ伝道のブログ-fara 001
 日本で、タヒチアンダンスの曲にも使われる、
Fara ute reaの「Fara(ファラ)」の木。
 日本では、パンダナスと呼ばれる事が多いと
思うが、日本語では、タコの木と呼ばれるよう
に、根はたこの足のようにしている。
 ファラの葉は、「Rau Fara」と言って、屋根に
葺(ふ)いたり、カゴや帽子に編まれたりする。
タヒチには数少ない、昔からタヒチに生えてい
た植物の一つ。
 日本では、サクラの木に、サクラの花が
咲き、サクランボ(サクラの実)となるが、
タヒチでは、木の名前とその花の名前が
違う場合がある。例えば、このファラの場合、
花の名前が、Hinano(ヒナノ)となる。
また、Fara ute reaの中で、「oe maa ute rea」
と、呼ばれるファラの実は・・・

タヒチ伝道のブログ-fara 002
 熟してくると、歌詞のように「赤黄色」(ute rea)
となる。
この実の果肉部分は、繊維質が多く簡単に
食べる事が出来ないので、食べる国と、食べ
ない国とがある。タヒチでは、昔は食べられた
のかも知れないが、今は食べるという話は
聞かない。
 ゴーギャンは、この実の繊維質を利用して、
筆代わりに絵を描いたと言われている。

タヒチ伝道のブログ-fara 003
ただ、種子部分のナッツは生食可です。
アーモンドとかクルミっぽかったです。

手タレは、僕の左手。そして、南の島に
よく似合うレイバンのサングラス。

#インデックス
Fara ute rea fara ファラ パンダナス タコの木
Hinano ヒナノ

| | コメント (0)

タヒチの食べ物 Rotui グレープフルーツジュース

タヒチ伝道のブログ-rtp 001
生グレープフルーツジュースより美味しい、
グレープフルーツジュース。
グレープフルーツって、ブドウみたいな形に
沢山実(みのる)から付いたそうで、実際ブドウ
の実の形に多量に実ります。
 タヒチで一般的に育てられているのは、日本
だと、「スウィーティ」とか、「イスラエル」て売ら
れているのに近いです。
 日本でも、お通じに良いと言われていますが、
僕は、一日一回1/4を二回まで、つまり半分が
限界。良いお通じと言うより、腹痛も来ます。
 タヒチでは、フランス語でパンプルムース
と言うので、昔付き合っていた(日本人の)
カノジョと、フルーツの盛り合わせみたいなの
食べていて、本人としては、「グレープフルー
ツ食べる?」と聞いたつもりが、「パンプルムー
ス要る?」と聞いてしまい、「なにそれ?」て
言われた経験有り。
 隠語としては、「大きなおっぱいの女の子に
対するほめ言葉」です。日本じゃセクハラ
ですが、タヒチだと、「パンプルムース
みたい(大きなおっぱい)だね」と、フツーに使
えます。

| | コメント (0)

タヒチの食べ物 Rotui マンゴージュース

タヒチ伝道のブログ-rtm 001
マンゴーより美味しいマンゴージュース。
ジュースのタイプ(果汁入り清涼飲料水)は、
ネクター。日本の桃ジュースの口当たり。
 モウレア島にあるジュース工場で作られている。
あと、パイナップル、バナナ、グレープフルーツ
ジュースなんかもラインナップ。
 タヒチ語では、マンゴーの事を、ヴィー(Vi)と
言いますが、このジュースのパッケージに描か
れている様な、日本でもおなじみのマンゴーは、
Vi Papaa(外国の)ですが、フツー、Viだけで
通じます。

#インデックス
Rotui ルトゥイ ロトゥイ
Moorea モウレア モーレア
Papaa Popaa パパア ポパア 外国の マオリの物ではない

| | コメント (0)

Purau プラウ More モレ

タヒチ伝道のブログ-pur 001
 Purau と言う木をご存じですか?
フランス語では、ハイビスカスの花に似ている
ので、Hibiscus tiliaceusと言います。
 日本では、この木そのものを意識する事は
少ないかと思いますが、この木で作った物は、
タヒチアンダンスをされる方と馴染みがありま
す。
さて、何の材料でしょうか?

タヒチ伝道のブログ-more 001
タヒチアンダンス(Otea)で使う、Moreスカート
の材料です。これは、O Tahiti Eが、タヒチで
新しくクルージングツアーする事になった
クルージング会社の歓迎セレモニーをしてい
て、写メしたものです。
これは、黄色く染色されています。
Moreを辞書で引くと、
「ハイビスカスの樹皮」とか、
「Oteaで使うPurauの繊維で作った短いスカート」
と出てきますが、この「Purau」こそ、この木です。
Purauの皮を剥ぎ、木の繊維部分をさばき、
何度も水で洗って脱色をした後、茹でて更に
脱色と繊維を柔らかくして作ります。

#インデックス
Otea オテア
スカート More モレ
Purau プラウ
Hibiscus ハイビスカス

| | コメント (0)

タヒチの食べ物 タマリンド

タヒチ伝道のブログ-tama 001
ロトクジ屋で、億万長者を目指していたら、
おばあちゃんが何か食べていた。
「それなあに?」って聞いたら、「あげるよー」
と一個くれた。
「どうやって食べるの?」て聞いたら、

タヒチ伝道のブログ-tama 002
割って中身の黒い所を食べるとか・・・。
名前を聞くと「タマリンド」との事。
あー、この黒いの集めたペーストなら
カルフールにも売っていたなー。
前に、鴨料理頼まれて、ソース・タマランド
作ったんだよなー。
あと、砂糖漬けを中国お菓子のコーナー
に売ってますが、そのままでも食べられる
のね。お味は、酸味のある干し柿って
カンジ。
カルフールには、お菓子や、調味料用は
売ってますが、生のは無いです。
マルシェに売ってます。
タヒチだと、フツーにその辺に生えてます。
そーかー、あれ食べられるんだー。

| | コメント (0)

タヒチの食べ物 パッカイ pakai

タヒチ伝道のブログ-pak 001
豆科なのに、珍しいフルーツ。パッカイ。
他にも、豆科のフルーツはあるけれど、
それはまた次回以降に・・・。

で、ドコを食べるかというと・・・。

タヒチ伝道のブログ-pak 002
豆その物じゃなくて、豆の周りの綿と言うか
甘皮部分。食感は、ショリショリした綿。
で、お味はと言うと、柿のような澄んだ甘さ。
あぁ、前に紹介した、ウトにも似ているなー。
これは、マルシェで、一山300フランで買って
きました。
ちょっと町を外れると、フツーに成っていたり
するのですが、お手軽に手に入れるのには、
マルシェがオススメ。

| | コメント (0)

タヒチの食べ物 トゲチョウチョウウオ Korairai Paraharaha

タヒチ伝道のブログ-krr 001
タヒチ語では、チョウチョウウオ系の魚は、
みんなParaharaha(パラハラハ)と言います。
ただ、Paraharahaであっても、トゲチョウチョ
ウウオだけは、美味しいためか?
Korairaiと個別名も付いています。
これは、ランギロアとタヒチを結ぶ貨物船
その名もRairoa Nui(ランギロア・ヌイ号)が、
ランギロアでお魚を買い付けている所。
 お正月で、僕の行きたい島まで飛行機
の直行便が取れず、ランギロアまで飛行
機で行って、ランギロアから、この貨物船
で別の島に渡りました。
8時間も掛かりやがりました。
しかも、船室なんつーもんが無いので、
お外で寝ていたら、船長がダチだったので、
「船長室で寝なよ」と船長室に寝させて
貰いましたが、船のチャンバー油の香りと、
コンビーフの香りと、タヒチアンの体臭が
良い具合でした。あと掛け布団も貸してくれ
たが、元の色は何色だったんだろう?て
カンジでしたな。
さて、お料理。

タヒチ伝道のブログ-krr 002
ウロコと、ワタを取って、軽く塩コショウして、
フライパニ(揚げ)で頂きました。
身が柔らかくて、あんまり美味しくなかった(涙)
でも、タヒチアンは、こんな風にフライにしてか
ら、甘辛く煮付けっぽく料理します。
フライ&煮付けはウマイです。郷に入れば郷に
従えです。こんなにウマイから、商品価値が
あるのねー。カルフールにはサスガに売ってま
せんが、マルシャには売ってます。

#インデックス
コーライライ Paraharaha
チョウチョウウオ トゲチョウチョウウオ
料理

| | コメント (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »