« タヒチの仕事 真珠 ダイバー hopu | トップページ | タヒチの仕事 真珠 栓差し »

タヒチの仕事 真珠 貝掃除 horohoroi

タヒチ伝道のブログ-fac 004
 沖から届いた貝は、ナイロン糸で紐に縛ら
れているので、まずナイロン糸を切って紐か
ら外し、貝掃除をします。
 この貝は、既に何年も飼われていて、何度
か真珠を採っているので、今のタヒチの貝と
しては大きい方です。(昔はこのサイズが
レギュラーサイズだった)
 日本の真珠は、挿核施術(手術)後、真珠
の採りだしは、貝を割って(殺して)真珠を採
りますが、タヒチの真珠は、挿核施術と同じ
ように貝を扱い、真珠採りだし施術をして、
真珠の品質や、貝の状態を見て、再び核を
入れてまた真珠を作ります。
 さて、このサイズの大貝が敬遠される理由
ですが、中国人技術者は、このサイズの貝
では、一日の作業数が少なくなる(貝柱が太く
大きいので、貝の口を広げるのに力が要り、
時間が掛かる)ので、
「あーだか、うーだか」言って、作業放棄す
る(「真珠が汚い」とか、「貝が病気だ」とか
嘘を言ってタヒチアンを騙す)ので、施術され
ずに、貝を割られる(殺す)運命と成る場合が
多いのです。この辺りが、タヒチで、高品質
で大きな真珠が取れなくなった理由です。

 僕がタヒチに来たばかりの頃は、これが
レギュラーサイズで、
「これは、無理かも?」と思いかけた事も
ありましたが、これで慣れたので、米に字
を書くと言われる中国人技術者相手でも、
一日の作業数で負けた事はありません。

 「これは無理かも」と思った時ですが、
作業開始30分で右手人差し指にマメが出
来、一時間でマメが破れ、出血。人差し指
を避けていたら、中指が同じ状態になり、
最後は左手で貝を開けて昼まで乗り切り
ました。
昼休憩でほぼ回復。午後からは絆創膏
こそ貼っていましたが普通に作業が出来
るようになりました。この時、右手が完成
しました。この後は、作業中に指の皮が
厚くなる以外、マメすら出来ないです。

|

« タヒチの仕事 真珠 ダイバー hopu | トップページ | タヒチの仕事 真珠 栓差し »

タヒチの仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« タヒチの仕事 真珠 ダイバー hopu | トップページ | タヒチの仕事 真珠 栓差し »