« 2009年5月 | トップページ | 2009年11月 »

訳の依頼 タヒチ語

 仕事柄、タヒチ語の単語訳や、日本語をタヒチ語にして欲しい
と問い合わせを受ける事がある。
タヒチ語は、一応、仕事にして居るんだけれど、
「何々は、なんと言いますか?」
と言う一行メールがやたら多い・・・。
しかも、中には、タヒチ語を間違えている場合も・・・。
ちょっと前にメールで受けたのは、
「rurutiaとは、タヒチ語で何という意味ですか?」
です。ちなみに、辞書には載っていません。
「ruru」は「会合」てな意味に使います。
「tia」は、「立つ」という意味から、「来る」「行く」
「独立する」なんかの意味になりますが、
「会合に行く?」自信は無いです。
wikiしたら、その実、
「rototea」の間違いだそうで、これなら、
辞書にも載っています。wikiでは訳は、
「雨が降る」となっていましたが、正確には、
「激しい雨が降る」なので、wikiも直して
おきました。
こうして、タヒチ伝道の旅は続くのであった。

| | コメント (0)

タヒチ語の発音と、聞き取り

 タヒチ語は、比較的聞き取りやすく、発音もしやすいの
ですが、
「フランス語訛り」があります。
同じく、ハワイの人や、クックアイランド(ラロトンガ)の人が
タヒチ語を話しても、英語訛りがあるので、歌など聴くと、
「あれ?これは、歌詞はタヒチだけれど、タヒチのグループ
じゃないなぁ?」と感じます。

 タヒチの場合ですが、フランス語訛りから、
「母音が続くと、発音が変わる」のが厄介です。

 例えば、女の子の名前に良く使われる
「Vaea」(意味 「平和と豊かさ」)は、本当は、
「ヴァエア」となりますが、フランス語読み
すると、
「ヴェア」となり、「メッセージ、報道」の意味
になります。

 これに、フランス語の似た単語が混ざると
更に厄介です。
「matou」(「(対話者を除いた)我々」)は、
本来なら、
「マトウ」と発音しますが、
「マトゥー」と聞こえます。
また、
「matau」(「釣り針」)は、
本来なら、
「マタウ」と発音しますが、
「マトー」と聞こえます。
更に、フランス語で、
「marteau」(仏語「トンカチ」)は、
「マるトー」ですが、「る」がフランスの「r」
なので
「マトー」と聞き間違えてしまい・・・、

「マトーが欲しいと言われた場合」

「我々が望んでいる」
のか、
「釣り針が欲しい」
のか、
「トンカチが欲しい」
のか・・・。

| | コメント (0)

ガンビエに行ってきました(タヒチの離島)

 ガンビエに行ってきました・・・と言っても、
普通の日本の方は「どこ?」思われるかも
知れません。
ガンビエ諸島は、タヒチ島から1600Km以上
離れています。

タヒチ伝道のブログ-gamb

gambier
mangareva
rikitea リキテア
moruroa モルロア
mururoa ムルロア

| | コメント (0)

訳すのが難しいタヒチの単語

 訳すのに難しい単語は、
Vaiと、
Hoiと、
Maiが今のところ双璧です。
「多分合っているんだろうなー」
と思いつつも、訳した後、納品前に
悩むー。

| | コメント (0)

間違って使われているタヒチ語

 間違って、よく使われているタヒチ語に「Heiva」があります。
日本では、「祭り」と訳されているのですが、「Heiva」は、
本来は、「ダンス」の意味です。
「Heiva i Tahiti」と言う「お祭り」があるので、勘違い
されているのだと思いますが・・・。
ま、せいぜい「アミューズメント」(余興、余暇、趣味)の意味
から「競技」とは訳せると思います。
思いこみに頼らず、一度辞書を引いてみましょう。

| | コメント (0)

タヒチ伝道の旅

タヒチを伝道しております・・・っても、ググッて「タヒチ」
と出たらおじゃまして足跡のこすだけですけれど

| | コメント (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年11月 »