« 世界のファーストフードについて | トップページ | お住まいの国の印象は、住む前と比較してギャップを感じますか? »

ポワッソンクリュ・シノワ レシピ

ポワッソンクリュ・シノワ(中国風魚のサラダ) 

 タヒチに来たら、「これは食べないと」と言う定番メニュー。
「ポワッソンクリュ」は、フランス語で「生魚」。
フランスには、魚を生で食べる習慣はあまり無いので、
タヒチ料理のフランス語訳。
魚の苦手な人でも美味しく食べられます。
暑くて、食欲が無いときにも、アッサリと食べる事が出来ます。
ポワッソンクリュには、タヒチ風と中国風があって、タヒチ風は、
ココナッツミルクと、タポロ(レモン)がアクセント。中国風は、
中華ピクルスの甘酸っぱさがアクセントになっています。
レシピ紹介は、主にタヒチ風なので、中国風のレシピを紹介
したいと思います。

材料
・刺身用赤身マグロ(赤ければ見た目も食欲を誘いますが、白っぽいマグロでも味は変わりません。)

・中華ピクルス 缶 or 瓶 (中華食材を扱っているお店に有ります。
「Mixピクルス」とか書いてあります。

V90300821

V90300832

味付けは、日本のラッキョウ漬けなので、ラッキョウ漬けを買ってきて代用できます。)

・大根 10cmくらい

・ニンジン 5cmくらい

・キュウリ 少量(大きなものは、皮を剥いて、種を取る)

・たまねぎ 少量

・ネギ あれば

・塩 適量

材料の下準備
ニンジンの皮を剥いて、千切りにして、塩を振る。
大根の皮を剥いて、千切りにして、塩を振る。
ニンジンと大根の千切りは、野菜スライサーを使っても
良いが、野菜のシャキシャキ感が消えるので、面倒でも
包丁で千切りをお勧めします。ニンジンはスライサーでも
良いと思います。
たまねぎを縦に半分に割って、千切り。10片もあれば
充分。
キュウリを5cmほど千切りにする。
ネギは、飾りだけなので、少量刻む。
マグロを、刺身より薄く切る。
中華ピクルスを刻む。(具材は、ラッキョウ、しょうが、
ニンジン、キュウリ等が主)

作り方
ニンジンの汁を絞って、器に入れてほぐす。
大根の汁を絞って、器に入れてほぐす。
たまねぎ、キュウリを散らす。
中華ピクルスの汁を大匙2杯程度野菜にかける。
刻んだピクルスを散らす。
刺身を乗せ、ネギを散らす。
出来上がり。
味が薄いと思ったら、中華ピクルスの汁を増やしてください。

食べるときに、汁と野菜を混ぜて食べます。
刺身と、中華ピクルスがあれば、野菜は、大根とニンジンだけで
充分です。中華ピクルスは、ラッキョウ漬けで代用が出来ます。
大切なのは、この甘酢の漬け汁です。
タポロ(レモン)を絞った方が更に香りよくアッサリと食べられます。

|

« 世界のファーストフードについて | トップページ | お住まいの国の印象は、住む前と比較してギャップを感じますか? »

タヒチの食べ物」カテゴリの記事

タヒチのその他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ポワッソンクリュ・シノワ レシピ:

« 世界のファーストフードについて | トップページ | お住まいの国の印象は、住む前と比較してギャップを感じますか? »